読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンちゅう活動報告書

自由をテーマにした猫と自身の記録。

「飽き」と「閃き」の交差

改めて思い知らされるのは、自分は飽きるのが早いということ。

人の2兆倍は早いかもしれません。

 

なので先月あたり「これに決めた!これで突き抜ける!」と思ったものも、壁に当たって飽きる・・・何か閃いて怒涛の作業・・・壁に当たって飽きる・・・の繰り返しです。でも僕も長い人生の中、さすがに学びました。

 

飽きに対する対策があると、

そして、それが下の2点であると、

 

① 他にやりたいことをやる

② 飽きてもやめない、飽きたら置いておく

 

まず①について、飽きた時は、無理やり頑張る or 何もしないではなくて、他にやりたいことをやると良いと思いました。やりたいことをいくつか組み合わせることで、怒涛の作業・・・怒涛の作業・・・怒涛の作業・・・という有効なループを生み出せます。なので、やりたいことを幾つか持っておくと良いかもしれません。

 

次に②について、飽きてやめるの飽きたら置いておくには雲泥の差があると思います。何かを続けていて飽きるのは致し方ないので、それに対する策を練りましょう。僕は置いておけばいい派です。一方で、まずいパターンは飽きたからやめるです。取り組みから撤退する時は必ず合理的に考えましょう。

 

以上になります。

 

最近は、「飽き」と「閃き」の交差が凄いので複雑な気分です。

おやすみなさい。

 

"SAVE THE NYANCHU"

ほぼ毎日、言葉を吐き出していると、もう言うことが無い。それに、最近は無機質な知識ばかり取り入れているから、言葉の燦きを失いかけている気がする。

 

夢のある話を

できる人に

僕はなりたい

 

完 。

 

「歴史と夢と芸術」は手のひらの中にある

今日はちょっと創造性を失っている自分にショックを感じました。

 

頭で考える、感情で考える、手で考える。最近は頭で物事を考えてばっかりだったかな。何かを始める前に、調べたり予測したりすることも、もちろん大事なことかもしれない。でも、それ以上に必要なのは手を動かして考えること。なぜなら、それが創造性だと思っているから。

 

それに、0から1を生み出すことだけが創造でも無い気がする。手元にある古新聞や雑誌を切り抜いてコラージュ(再編集)することも立派に新しい世界を生み出している。だから、いきなり全部をしなくてもいいから、まずは手を動かして考えたい。

 

「歴史と夢と芸術は似ている」.....ショーン・タンの言葉です。

 

僕は、歴史を感じられる絵や彫刻が好きだった。それがなぜかは良くわからなかったんだけど。でもタンの言葉を聞いて「あぁ、そういうものか」と腑に落ちた。それらがすべて"創造"だと気づいたからです。これで夢と芸術が好きということと、歴史(を感じるもの)が好きなことが繋がった。

 

しかし、歴史と夢と芸術は何から作られるのでしょう?

 

「頭の中」というのも1つの美しい答えだとは思うのだけれど、さらに良い答えがあるとすれば「手のひらの中」かもしれない。頭の中の"想像"よりも、手のひらの中には"創造"がたくさん詰まっている。これからどんな物をつくっていこうかな?

 

さて、またちょっと切り替えていきます。

おやすみなさい。

 

 

 

「歴史と夢と芸術」は手のひらの中にある

今日はちょっと創造性を失っている自分にショックを感じました。

 

頭で考える、感情で考える、手で考える。最近は頭で物事を考えてばっかりだったかな。何かを始める前に、調べたり予測したりすることも、もちろん大事なことかもしれない。でも、それ以上に必要なのは手を動かして考えること。なぜなら、それが創造性だと思っているから。

 

それに、0から1を生み出すことだけが創造でも無い気がする。手元にある古新聞や雑誌を切り抜いてコラージュ(再編集)することも立派に新しい世界を生み出している。だから、いきなり全部をしなくてもいいから、まずは手を動かして考えたい。

 

「歴史と夢と芸術は似ている」.....ショーン・タンの言葉です。

 

僕は、歴史を感じられる絵や彫刻が好きだった。それがなぜかは良くわからなかったんだけど。でもタンの言葉を聞いて「あぁ、そういうものか」と腑に落ちた。それらがすべて"創造"だと気づいたからです。これで夢と芸術が好きということと、歴史(を感じるもの)が好きなことが繋がった。

 

しかし、歴史と夢と芸術は何から作られるのでしょう?

 

「頭の中」というのも1つの美しい答えだとは思うのだけれど、さらに良い答えがあるとすれば「手のひらの中」かもしれない。頭の中の"想像"よりも、手のひらの中には"創造"がたくさん詰まっている。これからどんな物をつくっていこうかな?

 

さて、またちょっと切り替えていきます。

おやすみなさい。

 

 

 

何もなくても何か書く

最近、調子があがりません。

 

巷ではインフルが流行っているとのことですが、僕は身体でなく作業の調子です。仮に、作業が捗らない理由が"肩こり"によるものだとしら、身体の調子があがらないとも言えるのでしょうけれども。

 

もっとも、デスクワークのしっぱなしなので、肩こり、首こり、頭痛はひどいです。よくPCに向かいながら発狂しそうになっています。「肩が爆発しそう!!!」ってね。間違いなく何らかの悪影響は及ぼしていることでしょう。

 

ただ、それ以上に調子があがらない原因は"自分を律すること"の難しさです。自身で事業をやっているとどうしても"逃げ"がでてしまう。人からやらされるのは至極簡単なのですが、自分で積極的にこなしていくことの困難さを改めて感じています。何よりも基本的なことではありますが。

 

自由であるというのは、思った以上に辛いことです。責任も不安も全て自分のものです。自由な時代はもしかしたら不幸なのかもしれない。ちょっと甘かったなぁ。

 

でも、逃げてはダメなのです。人生を豊かにするためには、積極的に自由を手に入れるために戦い続ける必要があります。たしか、エーリッヒ・フロムさんもそんなことを仰っていました。頑張ります。

 

今日も肩がコリすぎて発狂しそうなので、適当な日記になってしまいました。というより、本当は何も書くことが無かったのですが、「何もなくても何か書く」という最大の使命があるので、苦しみながらも、かろうじて記事を書いている次第です。

 

だって、全部正しく言葉にしようだなんて、

はなから出来っこ無いんだから。

 

今日も寝ます。おやすみなさいね。

 

PERTで計画を立てたら所要時間が42%OFFになりました

こんばんは。

 

大きめな制作をしようと思って、PERTを使って計画を立てました。久方振りのことでしたので、ネットワークを構築するにあたって、PERTを勉強し直しました。

その時は「さっさと取りかかった方が早いんじゃないか・・・」などとの考えが何度も頭をよぎりましたが、焦りをぐっと抑えネットワークを組み終えると、一気に霧が晴れた気分です。

 

f:id:tnukjns:20170201202622p:plain

 

こちらが実際の図になります。アレンジが入いってるかもしれません。

 

今回は一人での制作になるので、PERTの本領は発揮されないでしょう。また、コスト管理もほぼ気にしてないので尚更です。しかし、作業を洗い出し、順序化し、ネットワークにまとめるだけでかなり効果があるように感じられます。(むしろ、複雑化しすぎない方が役に立つかも)

当初の見積もりでは所要時間を計算したところ167日という結果が出ていました。しかし、ネットワークを眺め色々と試行錯誤することで97日まで短縮できることが判明しました。実に42%もの時間が軽減されるのです。

 

まぁ、計画を立てるのと、実行するのは全くの別問題なのでこれからが難しいところでしょう。しかし、全体像が大まかに見え、注力すべき部分を把握できているというのは心強いものです。

 

またぼちぼち進めます。