読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンちゅう活動報告書

自由をテーマにした猫と自身の記録。

なぜビジョンはぶれてしまうのか? 〜あなたのビジョンにはゴミ拾いも含まれている〜

 

 

こんばんは。じんすです。

 

本日は、「なぜビジョンはぶれてしまうのか?」をテーマにして記事を書いていきたいと思います。というのも僕は迷走してばかりなので、何故ぶれるのか、迷走するのか、原因を解明しておきたいとの想いがあったからです。

 

さて、いきなり冒頭で結論を述べてしまうと、なぜビジョンはぶれてしまうのか?」と言えば・・・

 

 

ずばり「善人、正義(の組織)」だからだと思います。

 

 

f:id:tnukjns:20161010230136j:plain

 

例えば、ここで世界平和を目指す「正義の組織」を思い浮かべてください。正義の組織には明確な二つの弱点があります。

① どんなことでも価値があるように思える

② 些細なことでも(善いことをしたという)達成感が得られる

 

つぎに、世界征服を目指す「悪の組織」についてはどうでしょうか?

① 崇高な目標以外には価値を感じない

② 些細な悪事には達成感を感じない

 

 

つまり、善い行いはそれだけで価値があるものなので、目標外の小さな善でも価値があると錯覚したり、達成感を得られてしまうという弱点があります。一方で悪の組織にはそういった弱点が無いので、ビジョンや目標がぶれにくくなるのだと思います。

 

もちろん、その他の事情や理由もあると思いますし、正義の目標を掲げて成功している組織もあります。しかしながら、迷走してしまう人や組織のビジョンには「ゴミ拾い」さえもその範疇に含まれてしまっていませんか?そういった場合は要注意です!(経験談)

 

さて、以上の事情が判明したので「ビジョンがぶれやすい」僕でも、悪の目標を立てることによって、しっかりと軸のあるものになるはずです。

 

ということで、これからは「人と社会を自由にする悪の組織を目指します!

 

おやすみなさい