読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンちゅう活動報告書

自由をテーマにした猫と自身の記録。

今日の精神論、はじまり

最近は心が軽くなりました。

 

「いらないもの」を捨てられたからだと思います。人って気づかないうちに不必要な物をたくさん抱え込んでいるんですね。そして、あまりにそれが多すぎると、どこに大切な物をしまったのか忘れてしまったり、どこかに置いてきてしまったり。

 

今までの人生ってそんな感じだったかもしれない。

 

大切な物をとりもどすのは、捨てる簡単さとは相反してすごく難しくて「ここまで歩いてきたんだからもう取りに行けないよ」って引き返せなくってしまう。だから、引き返す時は勇気がいる。時間もかかる。前に進むどころか後ろに向かっているから不安で仕方なくなる。なのに、どこに落としたかも分からない。見つかる保証もない。

でも、できるだけ早く取り戻すために、目一杯うしろに向かって全速力で走らなければいけない。そうしないと、もう二度と見つからなくなってしまうかもしれない。

 

必死の想いで大事なものを取り返す事ができたら、二度とそれを絶対に手放さないようにしよう。今度はいらいないものを捨てよう。できるだけ身軽でいる。

.....そんな気持ちを思い出させてくれるのは、やっぱり周りの人。自分を信じてくれる人っていうのは偉大な存在で、僕を正しい方向に導こうと心を砕いてくれている。(たいてい、その時は大事に出来ていないんだけど)

 

そういう人たちが言うことは大体二つ。

 

「大きいことを考えなさい」

「自分にとって大切なものは何かを考えなさい」

 

一体これらの言葉にどれだけ救われているのだろうか。今まで頭で考え余計なことばかりゴチャゴチャひっついていた身体を楽にしてくれたよう。今はそういう人たちの言葉を信じて、純粋な心で手を動かしたいと思う。

うまくやろうなんて、かっこよくやろうなんて、取るに足らないことだったんだ。技術よりも精神よりも人が豊かで魅力的でなければいけない。豊かな人間から生まれた作品は必ず豊かなものになる。まずは自分を築き、それを素直に作品に反映させればそれで済むことだったのかなと今になって思う。もう無理をする必要がなくなりました。

 

今日の精神論、おしまい。